FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言で「ランジェリー」と言っても・・

7月も大忙しであっという間に過ぎてしまいました。7月の投稿は何と2件だけ・・。8月は頑張りたいと思いますが予定は7月より詰まっている・・。取り急ぎ最初の日くらいは。
      ランジェリー


「ランジェリー」の内容について前回お話ししましたが、装飾的な下着衣料、ランジェリーもその仲間はとても広いと同時に3つのグループに分かれています。それをよく理解していないとこれからのあなたの努力は全く無駄になってしまうかもしれません。

3つのグループとは
 ① ブラジャーなどの「ファウンデーション」グループ
 ② キャミソール、ペチコートなどの「ランジェリー」グループ
 ③ 肌着などの「インナーウエア」グループ

これらをごっちゃにしてデザインを進めると実際に商品にするとき(商品化などと呼ばれます)に問題が次々と現れて商品にできなくなってしまうこともあるので要注意です!

何が違うのかと言えば早い話、「業界が全く違う」のです。同じ下着を作るのになぜ?という疑問が湧くかもしれませんが、現実はそれぞれ独立して他と違う仕事の仕方をしていることが多いので話が通じにくくなっています。
さらに話が通じにくいだけならまだしも、生産ができなくなってしまうことも。

このブログを見ていただいているランジェリー・クリエイターの方々の大半は商品の生産は自分で縫うというようなことはせず、他の会社、工場に頼もうと持っているのではないでしょうか?これはOEM生産などと呼ばれています。
ところがその工場はファンデーション用工場、ランジェリー用工場、インナーウエア用工場とそれぞれ分かれていることが多いのでランジェリーの工場に「ブラジャーを縫って」と依頼しても断られるか、受けてもらえてもきれいに仕上がらないという困った問題が出てきます。


オリジナルランジェリーを創りたいと思ったら  Maison La CeRES
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。