FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の伝統産業

名古屋での出張ランジェリーセミナーのついでに、ちょっと「有松」という町を訪れました。

  絞り会館


筆者も不勉強だったのですが、有松と言う地名はまったく頭に無く、単に「古い町並み」が残されているとだけの知識で向かったのですが・・・。

桶狭間の古戦場も近くにあるという有松は「絞り染め」の盛んな町だと行ってから初めて知りました。絞り染め製品を売るお店や絞り会館もあってまだまだ染め加工も行っているようです。セミナーの時間の関係で1時間強ほどしか有松での時間が取れず、作業現場などは拝見できませんでしたが次回は絶対時間に余裕を持って見学、あわよくば体験をしたいと思いました。

           有松絞り
このような絞り染め製品を扱う古くからのお店も数軒あり、伺ったところ絞り染めの技法は誠に数多く、どれが有松特有の柄と言うことは言えないとの事でした。

 このお店で下の写真の手ぬぐいを買いました。絞り染めの典型的な技法の「くくり染め」ですね。これでブラを作ってみたいと思います。愛知県は昔から木綿の産地ですからきっと肌に優しいブラジャーが出来上がることと思います。
               絞り手ぬぐい

今回このような機会を偶然に与えて頂いて強く感じたことは、やっぱり伝統的な産業を出来るだけ残せたら良いのになぁと言うことです。これからも旅を楽しみながら色々な伝統産業の良さを発見できたらと思います。


絞り染めのブラジャー作品が出来上がったら紹介させて頂きますのでご期待ください。

 ブラの制作風景を Instagram で紹介しています。スマホからは LCLDESIGN で探してください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。