FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジャーの原型って?

最近になって「忙しくて手が回らない!」と訴えていたところ、とってもとってもありがたいことに助手さんが来てもらえるようになりました。これで楽しいブラジャー創りが始められそうです。
    ダイイング作業


文字色日のバレンタインデーでVANTANデザイン研究所の2月授業は終えることが出来、3月までちょっと余裕が出来ました。早速温めていた新ブラジャー創りに取りかかろうと思います。
取り急ぎ使用素材の染色作業をスタートしました。

ところで皆さんは「ブラジャーのパターンには原型というものが存在する」とお考えですか?
それとも「ブラジャーパターンには原型などあるはずがない、出来ない」とお考えですか?
また中間的に「ある種の原型作成は可能だが、アウター原型のようなものは不可能」とお考えですか?

これ以外にもいろいろとお考えはあると思います。
アウターウエアのパターンメーキングを習われた方、専門学校に行かれた方にはこの「原型」という概念に違和感があることは無いのではないでしょうか。教科書の最初にはこの原型の意味、捉え方、引き方、活用例などが細かく丁寧に記載されていて、その後の服創りにおいても原型を活用してそれぞれのパターンを作成するという流れになっていると思います。

ところが同じような理論展開でランジェリー、特にブラジャーの原型を解説、利用しようとすると大きな問題に突き当たってしまいます。それは何を基準にするのか?ということです。
アウターウエアの場合は基準とするボディ(人台)が存在します。また存在しなくても自分の人台を作るという授業を行う学校もあるようです。ところがブラジャー用の人台を、例え自分専用のもので良いからと言っても、それを作ることは出来ないんです。



     オリジナル・ランジェリーブランドを立ち上げませんか?

           La CeRES
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。