FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DCADソフトのブラジャー設計への活用 7

筆者のメゾンではもうよそ様の依頼の仕事は請けていないのですが、その発表をした途端に数多くの依頼打診が寄せられました。やはりランジェリーフリークの方は多いのですね!

    DSC_0305_20150930203915658.jpg


 これまで長々とCADの描線の話ばかりを続けたので「題名は3Dというのに3Dとは関係ないじゃないか」と思われている方々も多いかもしれません。お待たせしましたいよいよ3D CADの話です。

 アパレルCAD業界でもかなり3Dの関心が深まっているのでヴァージョンアップでその機能を持たせたものがありますから、すでに3DCADを使っている人も多いと思います。
 ただここでご案内するCADは多分そうした現役CADソフトとはやや方向が異なったものを試用してみましたので、こんなことも出来ると言うことを見ていただく機会にしたいと思います。

 今回使う3D CADソフトは「SOLID WORKS」というものです。機械設計分野などではポピュラーな設計ソフトのようですが、そのために複数の部品の組み立てテストなどに有用との事です。どのソフトでも同じですが今のところは3DCADを使ってもそれを確認するのはフラットな2Dのディスプレー画面ですから2Dで見ながら直感で3Dに頭の中でイメージできるようなディスプレー方法と頭の構造が必要ではないかと思われます。
 もちろんこのSOLID WORKSをアパレルで使用されている例は知りません。

 なぜそんなソフトを持ち出したのかと言うこと、具体的にどう使えるのかについては次回から少しずつお話してゆきます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。