FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛用のソーイング・マシン 6

8月も最終週に入って、世の中「夏も終了」モード。暑さも早く行ってしまってくれれば良いのに・・

    縫い上がったカップの立体性



 前回の話の通り、ニーレバーは特にブラジャーソーイングでは必要不可欠の装置なんです。ですからもしあなたがこれから新しくミシンを買おうと考えているのであれば絶対にニーレバー付のミシンを選ばれることをお薦めします。ニーレバーが付けられるかどうかはミシンの右下部辺りに穴が開いているかどうかで目安が付けられます。


         手で押さえを上げる

 もし自分の持っているミシンがニーレバーが付けられないタイプだったらどうしましょう?押さえは通常は手で上げられます。その手で上げるレバーの位置はたいていはミシンの裏側にあり、上の写真のように裏側にまで手を伸ばしてこのレバーを持ち上げると言うことになります。レバーで押さえを持ち上げることは出来るので縫うのには困らないと言えばそうなんですが、前回のようにカップ接ぎ部などのような細かい工程を縫っていて曲率の違う部分に入り、少しずつ布のストレスを取り除かなきゃと考えているときに片手を離してレバーを操作しなければならないと言うことは現実的にはとても大変なことで、両手で布を保持していられるニーレバーの有難さが痛感させられます。

 ところで以前に「重いミシン」を選んでと言うことを書きましたが、今回のニーレバーが絶対必要と言う話とここでリンクして来ます。それは膝を使ってニーレバーを押すと言うのはちょとした力が必要なので、軽いミシンだとニーレバーを押したつもりがミシン全体が持ち上がってしまいます。
 それを防ぐためにも重いミシンが良いと言うことに結びついて来ます。



 縫いを追及する工業用のミシンでは必ずニーレバーが付いています。写真は千鳥縫い工業用ミシンのニーレバーの例です。
        DSC_0329.jpg


 またロックミシンでは家庭用ではニーレバーが付いている機種はさすがに見かけませんが、下の写真は工業用のロックミシンの例で、ニーレバーではないですが足踏み式の押さえ上げペダルが付いており、両手を縫い生地に集中出来るように考慮されています。
        オーバーロックの押え上げペダル


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。