FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジャーの基礎 42

ブラジャーのパターンメーキングにおいて「原型」というものをどう考えたら良いのか?田中千代先生の解説を礎に考察して参りたいと思います。

ランジェリーセミナー


 今回も前回同様 田中千代先生著の「新田中千代服飾事典」内の「原型は人間という土台に従い、より適切でより美しいデザインの服をつくるもととなり、ガイドであるということができる」という箇所を元に「ブラジャー原型」を考えてみると、アウターウエアの原型が人体と衣服との間のゆとりを配慮した時に自由な衣服表現への飛翔を果たし得たのに対して、ブラジャーなどの下着衣料は一般にはゆとり量という概念を使用しないため、上記の田中千代先生の解説とは若干異なる配慮が必要となります。
 どうして配慮が必要なのかと言えば、衣服と言うものは歴史的に見ても「美」、「着飾る」という要素が必ず存在し続けてきたし、ことに現代においては「ファッション性」と表現される感覚的要素の比重が増大しつつあるからです。


 ところがブラジャーをはじめとする下着衣料は過去から現在に至るまでの間、ずっと「人体」というものにこだわり続けて来ました。それ故に「ゆとり」という概念が発生する余地が無かったため、人体を基にしてより美しい、人体とは別物となる衣服というものへと飛び立つことが難しかったのではないでしょうか。つまり人体=ボディとは別物の新しく美しい創造物を志向するのではなく、「人体そのものが美しいのだ」という具合に内に向かって創造を進めて来たのかもしれません。

 このような仮定を可とするならば、下着衣料、ブラジャーの原型とはより深く人体=ボディそのものの美を突き詰め、ある時にはヌード状態の美しさを表現し、ある時には造形したシルエットの美しさを表現する如くの製図であり、人体とは別物の物体(アウターウエア)を具現化するための製図ではなくして、人体=ボディを直接デザインする存在物のための製図でありガイドであると言えるのではないでしょうか。

忙しすぎた年初の3ケ月が終わろうとしています。
ハードに走りすぎた嫌いのある原型論からちょっと離れて、次回からはボディ(人台)修理日記でお目にかかりたいと思っています。


原型を考えるのは面白い! La CeRES
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。