FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジャーの基礎 34

Merry X'mas !

2014年もそろそろ終わりかけて来ています。
その最終月としての12月は「師走」と言われるようになぜこんなに忙しいんでしょうね?自分自身だけでも色々今年中にして終わなければならない事が山積しているのに、他の人、会社も今年中にしてしまおうとたくさんのお仕事をくれるのでますます忙しくなってしまうのかも。

Merry X'mas!


原型の話でしたが、そもそも原型とは文字通り「パターンの源流となるもの」であるはずです。と言うことはその源流たるものがしっかり確定していなければなりません。

  アウターウエアの場合は人台という「ゆとり」を持ちつつ、サイズ区分された固定した形状物が存在するので、サイズさえ選定すればその人台に合ったようなパターンを作成すれば良いということになります。まさにこの時用いた人台が原型物であり、その人台を使用して適切に作成された製図が原型(パターン)という事になりましょう。

ではブラジャーの場合はどうでしょうか。
  ブラジャーは直接肌の上に着用するので、人台もゆとりの無いヌードボディを原型物として使用することになります。ところがこのヌードボディというものが入手できません。人台のメーカーのパンフレットを見ると「ヌードボディ」と称された人台が販売されています。しかしこの人台はブラジャーの原型用には使えません。その理由はこうした人台のバスト部の形状を見ればすぐ分かります。明らかに自然のバスト形状ではありません。人台メーカーの言う「ヌードボディ」とは単に「ゆとり量を0にした」ボディなのです。ですから(トップ)バスト寸法やアンダーバスト寸法は規定のサイズに合わせていますがバストの形状は人間らしくない形になってしまっています。

 と言うのもバストの形状と言うものは個人によって十人十色と言うか百人百色と言うか、とにかく類型化は不可能だからです。そのひとつの要因として、他の部位とは異なって大方が脂肪層によりなっているため、その形状は個体差が大きい点が挙げられます。さらに「ブラジャー」というものは「ボディのシルエットを改善し、さらに動作、姿勢による変化を防止せんがために利用されている衣料」です。
 と言うことはいくら人間のヌードバスト形状に近寄せた人台を作り、それに寄り添うブラジャー原型(パターン)を創り上げても無駄なことと言う結論になってしまいます。

続きは来年?
 Maison de LINGERIE La CeRES
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。