FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジャーの基礎 34

もう今年も10月が終わろうとしていて明日から11月ですが、「歳月人を待たず」。
いくら現世で突っ張ってみても長い歴史の上から見るとほんの僅かな一瞬であるのですよね。

ブラジャーパターンの原型


 アウターウエアとアンダーウエアの違いの話から、ここで少し「原型」について考えて見ましょう。

 アウターウエアで育ってきた方々にとってはこの原型と言う言葉は何の抵抗もなく受け入れられるものだと思いますが、下着業界で育ってきた者にはあまり聞く機会の無い言葉ではないでしょうか?ないでしょうかとあやふやに申し上げたのは「果たしてブラジャーに原型と言うものが存在するのか」という大きな命題に対してなかなか結論的な話が私自身出来ないからです。

 アウターウエアの場合は専門学校などに入学したらまず最初に原型について教えてくれるでしょう。そしてそれから後でもこの原型を活用しながらさまざまなカッティングの衣服のパターンを展開してきたはずです。
 ところがブラジャーのパターンナーに「原型を使って新製品のパターンを展開していますか?」と聞くとほとんどの人は「そんな事はしていない」と答えるようです。

「原型」とはパターンの源流であるはずです。その点から言えば下着にも最も遡った源流のパターンがあって然るべきはずです。ところが原型の別の性格として「様々なパターンに容易に展開できなくてはならない」という条件があります。この点から見ると「ブラジャーに原型たるパターンが存在するのだろうか?」と不安になります。
 その不安の元は「ブラジャーはファンデーションであるからボディを変形させて着用する」と言う点です。

さらに筆者の心を揺るがす事象がありますがそれは次回にて。


   ブラジャーの原型について真剣に考えたい人は La CeRES のランジェリーセミナーで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。