FC2ブログ

最近のランジェリーセミナーは・・・

5月も早、最終日に・・。とにかくGWなんてものがあるので稼働時間が短くなってしまって苦労した月でした。

     小網神社例祭


それでも東京でのランジェリーセミナーは4日間、延べ7人の方にお話させていただきました。最近の人数が少ないのは出来るだけマンツーマン形式で個人ごとのセミナーを行っているためです。

このごろではセミナーに参加いただく人の実力がかなり高い人が多く、集合形式だと各人が聞きたいと言う要望、質問にお応えできなくなってしまったからです。本当にランジェリークリエイター、ランジェリー企業家が確実に増えていますね!
それもお遊びレベルで「ランジェりーについては良く知らないけどちょっと話だけでも聞いてみようか」ではなく、自分でランジェリーの勉強をしてきてから「来春からブランドをスタートしたいが何と何を準備してどう動かせばよい?」という具体的、現実的な課題を持って来られる方がほとんどになりました。

そういう訳でオープンに公示して集める前に過去に参加された方、口コミですぐに満員になってしまうため、ランジェりーについてのセミナーを探している方には申し訳ありませんが当分空きは出てこないように思います。


冒頭の写真はセミナー会場近くで行われていた小網神社の例祭でお神輿が出ていました。以前お伝えしたようにこの神社さんは「銭洗い」のご利益があり、早速私も五円玉を丁寧に時間をかけて洗わせてお参りさせていただきました。当日のセミナー題目が「ランジェリービジネス起業」セミナーでしたから聞いて頂いた方の成功は間違いないのではないかと・・・。

6月も頑張って行きましょう!



Maison de LINGERIE  La CeRES
スポンサーサイト

みすや針

関西の方なら知っている方も多いかと思いますが、みすや針さんに行って参りました。
  みすや針


みす屋針と聞くと筆者のみならず、故桂米朝師匠の「鹿政談」を思い出す方も多いのではと。その話しの枕の部分で


「京都へまいりますといぅと「水、壬生菜、女、羽二重、御簾屋針、寺に、
織屋に、人形、焼物」といぅ、これが京都の名物で、みすや針といぅのは今
でもございますが、三条の縫い針の針なんですなぁ。これが江戸時代からえ
らい有名なもんやったらしぃ。」      上方落語メモ第3集より引用


というお話しをされます。この名物についての話しは大阪編や奈良編もあって、いよいよ鹿の話に入って行くのですがここではこれ以上落語の話しをする訳には行かないので。

とにかく古い針屋さんです。少し前まではそれでも京極通りに面した間口のところに、コーナーを作っておられましたが奥の店の中の商品と言えばチャラチャラしたものばかりで、そのミスマッチが気になっていました。

ところが最近になってからはそのチャラチャラがさらに全面に押し出てきて、この針屋さんのほうはと言えば奥のほうの小さな別棟に移動してしまいました。それでもこの別棟が風流なもので、小さなお庭の飛び石を通って茶室のようなお店に至るという針屋さんによく似合ったしつらえになっています。まるで京極の喧騒からあっという間に別世界にワープしてしまったような感じです。

今回はそこで色々針の話を聞きながらまだまだ筆者の技術が未熟なのを思い知らされました。「ブラジャーを手縫いで」などと言う野望はこの歴史の前に吹き飛んでしまったようです。

これからまた修行に励みたいと思います。

今日の YAHOO NEWS から

今日のYahoo Newsにこんな見出しが・・・”しめつけないのが旬 「楽なブラジャー」売り上げ3倍”
     しめつけないブラが人気

     BRA


記事の出所はYahooではなく毎日新聞らしいが、どうも内容にひっかるところが多くて気になってしまいます。

そもそも何でブラジャーを着けているの?と、この取材記者にも、そして記者の質問に答えている大手下着メーカーの人にも聞きたいと思います。
筆者をご存知の方なら、私が大のワイヤーブラ嫌いということは感じているように思いますが、その大嫌いなワイヤーブラだって「しめつけてる」訳ではないのですよ。しめつけてると思うのは合っていないブラを着けてるからと違う?

ましてやノンワイヤーのブラジャーが売れ始めてきたのを「震災」や「不況」と結びつけて大新聞の記事にしてるなんて信じられません。それも記事を書いている記者が名前からは女性らしいと言うこともびっくり。
男性が記事を書いているならこの内容も読み過ごしますが、毎日ブラを着けているだろう女性がこんな記事を書くなんて驚きです。

でも筆者自身が関わっている内容だからおかしいなんて思うけど、門外漢の分野の記事だったら「そうなんだ」と納得してしまっているんでしょうね。そのほうがもっと怖いか・・・。




Maison de LINGERIE  La CeRES

5月の東京ランジェリーセミナー

総中流社会」と呼ばれていた時代も早、過ぎ去り、現代は「二極分化」の社会となってしまっています。
     ブラジャー制作風景


そして私たちのランジェリーセミナーも同じような流れになって来ました。なかなかセミナーを開催しない筆者にセッついて開催を迫るランジェリー積極派と、一度顔を見せた限り音信不通になってしまう脱落派とに大きくふたつに分かれて来ています。

筆者が開催しているランジェリーセミナーは「義務教育」のようなものではまったくありません。好きな人は聞けば良いし、関係無いと思う人は無視して頂いてまったく構わない社会にとっての重要性は低いものです。

でもきっとその面白さはのめりこんでしまうものだと思います。と言うのもいつも開催を迫る積極派の人が次第に増えて来て、最初はパターンメーキングだけをしたいと言っていたのに、作品制作をし始め、さらにはオリジナルランジェリーブランド立ち上げについてしつこく聞きに来る人が次第に増えて来ていますから。

そのようなランジェリーフリークの人のためだけに5月もセミナーを何項目か準備しています。
ランジェリー好きの波はどんどん大きくなっているようです。



冒頭の写真は4月のブラジャー制作セミナーの実習風景です。このセミナーでブラジャーパターンのコツも体得してもらえます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。