ブラジャーの基礎 34

もう今年も10月が終わろうとしていて明日から11月ですが、「歳月人を待たず」。
いくら現世で突っ張ってみても長い歴史の上から見るとほんの僅かな一瞬であるのですよね。

ブラジャーパターンの原型


 アウターウエアとアンダーウエアの違いの話から、ここで少し「原型」について考えて見ましょう。

 アウターウエアで育ってきた方々にとってはこの原型と言う言葉は何の抵抗もなく受け入れられるものだと思いますが、下着業界で育ってきた者にはあまり聞く機会の無い言葉ではないでしょうか?ないでしょうかとあやふやに申し上げたのは「果たしてブラジャーに原型と言うものが存在するのか」という大きな命題に対してなかなか結論的な話が私自身出来ないからです。

 アウターウエアの場合は専門学校などに入学したらまず最初に原型について教えてくれるでしょう。そしてそれから後でもこの原型を活用しながらさまざまなカッティングの衣服のパターンを展開してきたはずです。
 ところがブラジャーのパターンナーに「原型を使って新製品のパターンを展開していますか?」と聞くとほとんどの人は「そんな事はしていない」と答えるようです。

「原型」とはパターンの源流であるはずです。その点から言えば下着にも最も遡った源流のパターンがあって然るべきはずです。ところが原型の別の性格として「様々なパターンに容易に展開できなくてはならない」という条件があります。この点から見ると「ブラジャーに原型たるパターンが存在するのだろうか?」と不安になります。
 その不安の元は「ブラジャーはファンデーションであるからボディを変形させて着用する」と言う点です。

さらに筆者の心を揺るがす事象がありますがそれは次回にて。


   ブラジャーの原型について真剣に考えたい人は La CeRES のランジェリーセミナーで
スポンサーサイト

繊維産業のかにかくに

東京でのセミナーを行なった会館の近辺は「馬喰町」「横山町」と言う繊維問屋、繊維資材会社の立ち並ぶ西の船場と並ぶ一台集積地でした。
          繊維産業のかにかくに


会館の近くの道際に立っていた付近の案内図が書かれた看板です。
そこにはぎっしりと繊維関係と明らかに分かる会社名、店名が書かれています。
でも、看板から目を離して周りのビルを見渡してみましょう。
看板に書かれているような名称の表札などは一切見つけることが出来ず、普通のオフィスビル、ビジネスホテル、コンビニ、ドラッグストアなどが散見できる、どこでも見かけるような街の風景になってしまっています。

もう日本には繊維産業は戻ってこないのでしょうか?
「戻らなくて何が悪いの?」と聞き返した大手繊維メーカーの部長さんの言葉が思い返されます。
確かに小学生までもが授業でフラットパッドを使っている時代に、1枚1枚を人手だけで生産しなければならない産業なんてコストが嵩み、ロスが多く誰も得をしていないようにも感じられます。

それでも人手でなければできない事もあります。そしてこれからもそれがずっと有用な事だってあるのです。
さらに人手だからこそ価値がある事もあります。そしてそれはこれからますます大切になって来るでしょう。

私はこの道際の看板を見て現在との落差にがっかりするのではなく、その昔を礎に新しい価値への道を皆で歩んで行きたいと想います。

10月度の東京ランジェリーセミナーは終了しました

バタバタして長らくこのブログもお留守してしまいましたが、10月度の東京ランジェリーセミナーを無事終えることが出来、これからはまたブログへのアップロードを少しづつ進めたいと思います。

       パターンセミナー


10月の18日、19日、20日の3日間開催しました東京ランジェリーセミナーはご参加いただいた皆様のご支援により無事終了することが出来ました。まずは感謝申し上げます。
今回のセミナーではパターンのテーマの日と、ブラジャー制作の日とを2つに分け、それぞれをなるべく深い形で実施したことです。パターンの日に参加された方にはその複雑さと矛盾を、制作の日に参加された方にはその楽しさを少しでも味わって頂けたのではないかと思っております。

ラ・セレスのランジェリーセミナーでは今後さらにその内容に工夫を凝らしながら、なるべく多くの皆様にランジェリー創作の楽しさを味わって頂けるよう進めて参りたいと考えております。
どうぞこれからも La CeRES のランジェリーセミナーをご支援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

10月度東京ランジェリーセミナーのご案内

9月に続いて10月の東京ランジェリーセミナーの概要が決まりましたのでご案内致します。
ランジェリー好きで、熱心で我慢強い方のみのご参加をお待ちしております。
       ブラジャー創り
申し訳ありません。10月19日のセミナーは満員になってしまいました。他の日はまだ数名でしたらお受けできます。
ただ、キャンセル待ちとなる可能性もありますから必ずメールなどで空席をご確認ください。



10月度では計3日間のセミナーを開催し、これまで行なってきました作品制作講座を1日間、パターンメーキングに関する講義セミナーを2日間に割り当てております。
今回の開催場所、開始時刻などは各日すべて異なっておりますのでご注意ください。


10月18日 土曜日 及び 10月20日 月曜日

 講座題目:ブラジャーパターンメーキング基礎
 講座概要:ブラジャーの衣料としての基礎からパターンメーキングの基礎、ブラジャーパターンの考え方、原型について、原型の展開の仕方、ダーツの生成と扱い方、基礎的製品のパターン作成、ブラジャー用素材について、ブラジャーの縫製についてなど
     ブラジャーアイテムについて、初歩から基本的なパターン制作までのエッセンスを集中的に1日7時間で解説・製図実習を行い、完結させます。
     従来の弊社のブラジャー基礎セミナーは2時間のセミナーを5日間 計10時間で完結させていましたが、 1日でその内容を完結させるべく7時間の集中講座とし、要点を絞って解説します。
 対象:ブラジャーのパターンを初歩から体得したい方、現在行なっているが再履修したい方、パターンメーキングが好きな方
 開催日時場所:両日それぞれ異なりますのでご注意ください。
     18日(土) 外部貸し会議室(場所未定 東京都中央区内を予定) 11時~
     20日(月) 東京都中央区立産業会館  10時~
 催行人数:各日共最少催行人数2名  最少人数に満たない場合は中止になります。
 参加費用:1日1名当り¥10,000円  開催に先行してお振込みいただきます。
     ブラジャー原型製図、基礎・展開解説書、ブラジャー製図に必要なスケール用具費用を含む。
      (入手しにくいとの声を頂いたスケール用具を当方で準備いたします)




10月19日 日曜日

 講座題目:ノンワイヤーブラジャー短期創作講座
 講座概要:ノンワイヤーブラジャーアイテムについて、その基本の解説、簡単なパターン制作から作品制作までのエッセンスを集中的に1日7時間で解説・実習・制作を行い、完結させます。
     作品制作用材料をこちらで準備しております。
 対象:ブラジャーを手作りしてみたい方、作品制作が好きな方
 開催場所:東京都渋谷区 ミシンプロ様レンタルスペースにて(JR新宿駅南口から徒歩5分程度)
 催行人数:最少催行人数2名 最多催行人数5名 最少人数に満たない場合は中止、最大人数以上のお申し込みがあった場合には、早くお振込み頂いた順になります。
 参加費用:1日1名当り¥8000円 レンタルスペース代、レンタルミシンとミシン用具代、ブラジャー材料費を含む。
        開催に先行してお振込みいただきます。



お申込み要領(3日共同じです):
   ご参加ご希望の方はまず下記宛に電話またはメールで空席のご確認をお願い致します。
   お席がありましたら詳細事項と注意点などを返信いたしますので、ご了解いただけましたら参加料をお振込みください。
   その時点で正式に受付完了となります。
   空席のご確認連絡だけでは受付はさせていただいておりません。
   席数以上のご参加希望連絡があった場合は先にお振込みいただいた順で受け付けさせて頂きます。

  参加申込受付開始2014年9月29日 月曜日~  一般の方は10月1日~
   お振込み締切日10月7日 火曜日中まで
   準備の関係で10月10日金曜日以降のキャンセルにつきましてはご返金が出来ません。
       
    

この集中講座についてのお問い合わせ、お申し込み等は
 06-6305-0686 または info@laceres.com  株式会社L.C.L.ホールディングス 石井宛にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。