FC2ブログ

こんなTシャツブラはいかが?

8月3日のモールドカップブラ制作セミナーに向けて、現在、作例見本を教材用として作製中です。こんな黒のモールドカップブラはどうですか?

Tシャツブラ手作り例2


モールドカップブラは準備できるモールドカップの形でほぼ出来る作品のデザインが決まってしまいます。

そしてモールドカップが決まったら次にポイントになるのは表カップの素材。
この素材をどう選ぶか、どう使うかが腕の見せ所です。


さあ頭を回転させてアイディアを出し切りましょう!
そして気に入ったブラジャーが出来るまで何度でも繰り返し作品創りにチャレンジして行きましょう!



注)セミナーではこのデザインの作品をそのまま作る訳ではありません。


東京ランジェリーセミナーの主催は ラ・セレス  です


スポンサーサイト

例えばこんなモールドカップブラ

「モールドカップブラジャー」と聞いてもピンと来ない人に

Tシャツブラ作品例


 例えばこんなブラジャーを制作することも出来ます。
 素材の色、柄は皆さんのセンスでいろいろな作品を作ることが出来るのですが、今日のブログではこちらでセミナーの教材用として制作した作品例をお見せします。

 カップ部がツルンとして縫い目が無い、これがモールドカップブラジャー(一般に言うTシャツブラ)の特徴です。

 カップ部はすでに完成して立体になっている部品を使うので縫う必要が無い、と言うことは簡単・・という理屈になるのですがそこにはいろいろとコツがあります。

 そして一番大事なのは、普通のブラジャーとはこういうものと言う基礎知識をしっかりと持った上でのものづくりでなければ単なる「お遊び」になってしまうという事です。


 でもそのハードルさえ乗り越えればモールドカップブラは比較的簡単に、楽しいデザインがどんどん創れて取っても面白い!

 あなたのオリジナリティを活かせば、お店で売ってる商品を飛び越せるかも。



 自分の表現を大切にする人を応援します La CeRES

Tシャツブラを創りませんか?

8月度東京ランジェリー集中セミナー開催のご案内

申し訳ありません。 7月25日で満員になりました。
 ご希望頂いていた方には申し訳ありませんが、次回以降のセミナーまでお待ちください。
モールドカップブラ


8月に予定しております東京ランジェリーセミナーの内容について下記の通りご案内いたします。
ランジェリー創りが好きでたまらず、我慢強い方々のご参加をお待ちしております。

                 記

セミナー概要:ランジェリーのものづくりの楽しさを直接、手先で感じて頂くために1日7時間に集中してパターンづくりからソーイングまでを行う作品制作一回完結セミナー

今回のテーマ:モールドカップブラ(Tシャツブラ)のものづくり解説と創作
   一般には「Tシャツブラ」などと呼ばれている写真のような熱成型カップを使用したブラジャーについて、その概要やパターンの解説と作品制作実習を行います。

開催日時: 2014年8月3日 日曜日 11時から18時の7時間 

開催場所: ミシンプロ様 レンタルルームにて
       東京都渋谷区代々木2丁目5番1号 羽田ビル601
       JR新宿駅 南口から甲州街道を文化服装学院方面へ徒歩5分程度

参加費用: ¥8000円/1名 
       当方で準備する制作用素材、レンタルスペース代、レンタルミシン代を含みます。事前にお振込を頂きます。

催行人数制限:  最多催行人数 5名
     ミシンの台数、スペースなどにより5名様以上はお受けできません。
     

セミナーについてのお問合せご連絡先: info@lclholdings.org 石井宛
  電話にてのお問い合わせをご希望であれば 06-6305-0686 へどうぞ。


  セミナーの主催は Maison de LINGERIE  La CeRES です

続きを読む

日本橋の印象

仕事ついでに日本橋を少し巡ってみました。
昔からのライオン像
 まずはライオン像のM百貨店。あんまりこのライオン像を近くでしげしげと対面したことが無かったんですけど、よく見るとその顔はライオンらしい強さを表現していると言うよりも、にっこりしているような優しい表情だったのに今更ながら気が付いて驚きました。

  私が子供の頃のMデパートと言えば木張りの床と金の縁取りがそこここに見え、厳かで、入店するにも特別な気持ちがしたように感じたのですが今回感じた印象はかなり違っています。古いデザイン、建築などが新たに見直されている現代ですがそのような感じというよりも、やや古くさいという印象が否めません。

 昨今の百貨店の床面積が特に大阪を中心に増床につぐ増床で、売り場面積競争になっている状況からだと、売り場の狭さはいかんともしがたく、先の印象に拍車をかけているようです。
 以前、1階売り場の中央に燦然と輝いていた吉祥天象はどこに?もう移動されてしまったのでしょうか?



       アールデコ調の内装
 そんなもやもやを持ちつつ日本橋T百貨店へ。こちらの威厳も大したものです。写真は正面玄関のものですが、私が特に好きなのはここの階段です。昔は階段の途中に水道の蛇口があったように思ったのですが思い違いかな。

 私が若い頃はこの百貨店に何とか商品を置いてもらいたい羨望の売場でした。思い起こしながら婦人肌着売り場へ向かってみると現在はかなり変わっていました。
 フロアの端にあるそれほど広くない売り場、今では余り見られないナイティ商品との同ブロック販売、特徴の少ない売り場作りと残念ながら今だったら入りたいとは余り思わない印象です。

 クリエイター系の人ならば一般に営業系の人の考え方とは違って、「売れる売り場」より「カッコ良くて自分の作品がよりよく見える売り場」に入りたいと思うはずです。日本橋の百貨店にはこの地区独特の「老舗を好む」過去から続く力強い流れがあるのでしょう。外商が強い百貨店でもあるはずです。そうした点から言えば表面の店頭だけ見て云々するのは間違っているのかもしれません。

 ただ、私たちクリエイターにはそんなことは関係ありません。商品(ここではランジェリー)が素晴らしいものであることはもちろんですが、それらは常に背景と言うか周りの環境と共に他の人に訴えかけます。その点からは今後しばらくは懐かしさ以外からは来る予定が無いような気がしました。




 さあ気持ちを切り替えてランジェリーを創りましょう!  La CeRES

東京ランジェリーセミナーへのご参加御礼

7月13日 日曜日 新宿駅近くのミシンプロ様での7月東京ランジェリーセミナーは皆様のご支援で無事修了いたしました。

三角ブラ作品1
まばゆさが光る今回の制作例です。1日でここまで出来るとは正直私も思ってもいませんでした。


今回のテーマは「三角ブラの制作」でした。

 当初私の考えでは、最初1時間くらい説明して残りの6時間をフルに制作に使うけど、きっとみんな最後までは行かないだろうなぁ・・と思っていたのですが大間違い。
 なるべく早く進めるようにとこちらであらかじめ半完成のような準備をして臨んだのですが、こちらの心配をよそに皆さん全員がサイズグレーディングも自分でやりはじめ、終了時間までに全員最後まで制作されたのには驚きました。

 皆さんのガッツに圧倒された1日でした。
ご協力、ご努力に深く感謝申し上げます。

その勢いで、8月も初旬に東京で制作セミナーを開催しようと考えるに至り、現在、企画を練っておりまして、決定しましたらこのブログや La CeRESのホームページ でご案内させて頂きます。

                三角ブラ作品2  基本に忠実な作品例です


 とにかくランジェリー好きでへこたれず、口より手の方が良く動く方々のご参加をお待ちしております。
これからも私たちと一緒に感動モノのランジェリーを創り上げましょう!




いよいよ今日、三角ブラ制作します

いよいよ今日、三角ブラ制作のセミナーが開催です。
この写真も一例として作ってみたものですが、刺繍の入ったハンカチーフが手元にあったのでそれをカットして創ってみました。

ハンカチブラ完成

カップの頂点部にハンカチーフの角を持って来ています。だからカップの上辺はハンカチの縁始末がそのまま使えてよりいっそう簡単に作れてしまいます。

ただ、かなり古いハンカチなのでこのままだとあんまりキレイじゃない・・・

         ダイロンで染めて

で、ダイロンでサっと染めてみました。染料の入った鍋にそのまま浸けたって感じ。

浸ける時間を適当に調整するとこんなピンクのハンカチ三角ブラが出来上がり!
ハンカチに施してあった刺繍柄がそのまま活かせるので上品な感じに仕上がりました。
象のブローチをアクセントに付けてみた。
いろんな柄のハンカチを使えば同じように作ってもいろいろなイメージの三角ブラが出来上がります。

                     ピンクのブラが完成

今回の制作ではどんな作品が出来上がるか楽しみです!



  La CeRES のランジェリーセミナーは8月も開催予定です

「三角ブラ」制作セミナーはもうすぐ

こんな三角ブラはどうですか?
初めての人でも簡単に創れますよ!

    誰でも簡単に!


いよいよ三角ブラ制作セミナーが今度の日曜日に迫りました。
どんな作品が出来上がるか楽しみです!

準備サイドとしてもお手本と言うよりたたき台としてこんな作品を制作例として創ってみました。
これを参考に当日創り方を説明します。


でも三角ブラ創りは本当に簡単!
少し説明を聞けば後は自分でどんどん短時間で創れます。
使っている素材種類も少ないので、材料を集めやすいのも魅力的ですよね。
つまり完成度は技術と言うよりセンスの問題かなぁ?

店頭で見る商品よりもっとおしゃれな作品が出来上がるのでは・・・

                         レースの三角ブラ


  ブラジャーを楽しく創りましょう!
 La CeRES


ミシンの整備改造簿2

これが新たに入ったミシン2台のうちの1台 「二本針本縫い」ミシンです。
SINGER二本針本縫いミシン

 本縫い(直線縫い)ミシンが平行に2台並んだような形で、1回縫うと平行に2本の直線縫いが行なわれます。このミシンも不思議なミシンですよねぇ・・・

 一番変わっているのがたいていは「針送り」機構になっていること。普通のミシンは布を送るには布の下にある「送り歯」というギザギザが円運動をしながら布を引っかいて送るのだけど、このミシンはそれだけでなく縫い針が布を貫通した状態で前方に生地を送るため重ねた布のズレがありません。

 「それはすばらしい!」と思ったら大間違いでとんでもない落とし穴が控えています。

 その話は後にするとして、ブラジャーを製造する工場ではこの2本針本縫いのミシンを少なくても4種類は持っているのが普通です。どういう種類があるのかと言うと2本ある縫い針の間隔の差なんです。


針巾

ちなみにこのミシンは3/16インチピッチと呼ばれるものにセットされています。
このピッチはとても良く使うピッチなので、今回このミシンが入ってくれたことが大助かりなんです。

ミシン整備改造簿1

2014年も後半に入った半夏生の季節、私たち La CeRES にちょっとした変化が・・・
これからその変化の移ろいをすこしづつご紹介して参りたいと思います。


新入りミシン


KoKoRoに新しくミシン2台が仲間入りしました。
「新しく」とは言っても決して「新しいミシン」ではありません。
それどころかとっても古い、動くかどうかというミシンです。

でもこのブログでお話したいのは、この古いミシンを自分が使いやすい素晴らしいミシンにすることも出来るはずということなんです。
このブログはその経過を皆さんにお伝えするために書いています。
いつまでかかるか分かりませんし、果たして思い通りに進むかどうかも分かりませんが、これまでのミシン常識にこだわらない、楽しいミシン修理、ミシン改造ブログにして行きたいと思います。

今回は初回として仲間入りしたての様子の写真を掲載してみました。
1台は「本縫いミシン」と呼ばれる1本針の直線縫い工業用ミシン。
もう1台は「2本針本縫いミシン」で、上記の本縫いミシンの針を2本に増やしたようなミシンです。

それではどんなことになるかご期待を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。