FC2ブログ

12月度東京ランジェリーセミナー開催のお知らせ

東京ランジェリーセミナーのお知らせです。東京でのランジェリーセミナーはご参加された方々のおかげで2年目に入りました。

   12月度東京ランジェリーセミナー


12月度の東京ランジェリーセミナーを下記要領で開催いたします。
   

開催日時と題目:

2013年12月10日 火曜日 10時~11時50分 
  「ランジェリー商品化悩み解決セミナー」

    最近、「商売そのものが難しくなってきている」、「これからはもうモノは売れない」などといった話を耳にしますが本当でしょうか?
    単なる商品ではなく、そこにあなたの創造力と商品化のコツを加えれば
   たちまち「世界に羽ばたく羨望のランジェリー」に変身します。
    このセミナーではそうした「ランジェリー創りのコツ」をお話しすることによって、あなたの夢の実現に多いに役立ちます。
     開催場所:京橋区民館
      東京都中央区京橋2-6-7
       http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi.html 
 


2013年12月10日 火曜日 18時30分~20時30分
 「ブラジャー創りの基礎の基礎」 -ブラジャーのパターン原型とは?-

  ブラジャーには「原型」というものは存在するのでしょうか?そしてもし存在するとしたらそれは有用なものでしょうか?
  ブラジャーのパターン原型を主題に様々な視点から眺めて行くと、しだいにブラジャーパターンの本質が見えてきます。

  このセミナーはパターン経験者の方向けです。

  ご希望の方にはセミナー後、1時間ほどブラジャーパターンメーキングの基礎実習を楽しんでいただくことも出来ます。(追加料金不要)

 開催場所:東京都中央区日本橋公会堂
        東京都中央区日本橋蠣殻町1-31-1
         http://www.nihonbasikokaido.com/meetingplace 



講師: 石井 正人    オリジナルランジェリー・クリエイション・メゾン
                   La CeRES 代表

セミナー参加料金: 1名・セミナー1回  ¥3000円   
    <ご注意!> 参加料金は事前振込みをして頂くことになります。
           申込者の都合で参加できなくなった場合も返金は出来ません。

 
参加応募締切日:12月3日 火曜日   申込みがなかった場合、開催は中止となります。


    このセミナーは1回ごとの完結の内容で行います。
    期日までにご参加申込みが無かった場合、開催は中止いたします。
      今回のセミナーは開催場所が異なりますので十分にご注意ください。


       以上になります。皆様のご参加をお待ちしております。

        セミナー主催 La CeRES
スポンサーサイト

ブラジャーの基礎 10

「サイズ」について 5

 トップバストが測れないなんて言うなら、どうやってブラジャーのパターンを引いて来たの?という疑問にお答えします。


    晩秋


何回にも続いて長い話になりましたが、トップバストをどうすれば測れる?と言う長々とした話は次のような注意点をしっかりと覚えて頂きたいがためです。


① トップバスト寸法はきちんと測りにくいと言うことは、現状のJISサイズ、例えばB70とかC70とかは人のバスト周辺の形状を正確には表すことが出来ない記号だと言うこと

② 従って、パターンを引くときにもトップバスト寸法は参考程度にしかしない、というか出来ない


① について解説すると、じゃあいい加減なサイズ表示をされているなら困るなぁと思った人もいるかもしれませんが、決していい加減という訳ではありません。
 「正確には出来ない」と言うことは間違いないのですが、それでは他にどうしたら正確に出来るの?という答えもありません。さらにもしあなたがお店で商品を買う時、B70とかC70とかの表記は無くて、代わりに「このブラジャーは理想の位置まで手で持ち上げた時に、バストが○cmの人に適合します」などと言われてしまったらサイズ選びがとても煩雑で商品選びが大変になってしまいます。

 つまり商品選びのしやすさと言う面も忘れてはならない表示要素です。

 以上のことからB70とかC70のサイズ名(呼び名と言います)はそれほど当てにならない、でもサイズ選びの便利さのためには分かりやすくて便利だし必要。
 と言うことはあなたがサイズ選びをするときにはB70とかC70とかはあくまでも参考と考え、その周辺のサイズを色々と試着してみないと自分にピッタリの商品は選べないと言うことなんです。

 百貨店の下着売り場などでは「アドバイザー」と言う店員さんがいて、専門的な、そして第三者からの眼でその状況をチェックしてくれます。多少のわずらわしさがあるかもしれませんが、このようにそうした人たちが必要なちゃんとした理由があるのです。


長くなったので②については次回に。


  サイズについてもっと詳しく知りたい方は
 
          La CeRES のセミナーへ

11月度東京ランジェリーセミナー

写真のような抜けるような青空の11月19日と20日、東京でのランジェリーセミナーを開催、無事終了いたしました。 
               日本橋公会堂


 お忙しい中、ご参加いただきました方々には深く感謝申し上げます。ぜひ、自分自分の感性を加えることによってすばらしい作品を創作してください。

 19日の朝にはJRで人身事故があったとのことで、私が羽田空港から乗った京浜急行の電車も直接は関係ないのに30分以上の遅れになり、開催時間に遅刻してしまいました。誠に申し訳ありません。

 東京でのランジェリーセミナーでは、今年の夏ごろからセミナーの内容や、開催方法を変えて企画しています。最初のうちは参加者の方がとても少なくなってしまって残念でしたが、最近になって復活傾向になって来ています。そして特に強く感じることは参加される方々の意識がかなり以前とは違ってきました。それを非常に喜んでいます。


 さて、La CeRESのランジェリーセミナーは東京では1周年を迎え、ご支援を厚く感謝する次第ですが、最近のご支援を力に、来年度を目安にこれまでの「セミナー」形式から「スクール」形式に移行して行く予定です。
 どう違うのかと言いますと、セミナーのほうは単発的で1回限りの話であるため奥の深いランジェリーの話が中途半端になってしまい、役に立ちづらいという性向がありました。それを補うために10回程度の連続したテーマを一貫してお話しさせていただいて確実に身に着けてゆけるように出来るのがスクールなのです。

さあ、ランジェリー創りフリークの皆様、これからもLa CeRESとともにオリジナルランジェリー創りを楽しみましょう!
  

                    La CeRES

ブラジャーの基礎 9

「サイズ」について 4

 今回の話はトップバスト寸法の測り方についてです。トップバストは単にバストとも呼ばれますが同じ事です。   
  ぼでぃ

 男性の場合ではあまり問題にならないのですが、女性のトップバストは測りづらい測定項目です。

 「トップ」という言葉は「乳頭」を意味するだろうことは想像できますが、トップバストは別名「乳頭位胸囲」と呼ばれます。つまり乳頭の位置で測った胸囲のことです。

 「胸囲」の文字が入った測定項目は他にも「アンダーバスト(下部胸囲)」や「チェスト(上部胸囲)」などがありますがこれらはすべて「水平囲」とされ、測定される被験者の立っている床面に水平に測定するということになっています。
 ですからトップバストを測定するには①トップ(乳頭)位置を通る②水平線の長さを測れば良いということになります。②の床面に水平に測りなさいという条件はさして難しくない条件です。

 ところが①のトップ位置を通ってと言われても、この「トップ」というのがどこにあるのかが問題なのです。


 そもそもこのブログは何度も言うようにブラジャーを創るために書き進めていますが、そのブラジャーという衣服の目的はと言えば、これも後から詳述しますが簡単に言えば「バストアップのため」です。ブラジャーを着用してバストをアップすれば当然、トップ位置もアップしてしまいます。

 ですからブラジャーを適切に設計するためにトップバスト長を明確に知ろうと思うと、既に存在するブラジャーを着けた状態ではだめということになります。ではブラジャーをしない状態で測れば良いかというとこれでは通常はバストが下垂状態になってしまいますから、これも希望のトップバスト長を明確化できません。つまりブラジャーを着けていても、いなくても駄目なのです。

 そういう意味から、ブラジャーを販売している会社の「あなたにピッタリの商品を見つけるためのトップバストサイズの測り方」の解説には苦労がにじみ出ています。例えばある会社では「バストを理想の位置まで手で支え上げて」測ってくださいと言っています。また、ある会社では「ブラジャーをした状態で」測ってくださいと言っています。

 どちらの矛盾もあなたならもう分かりますよね。

 
 それならどうしたら良い?と思われる方は 
         La CeRES のセミナーへ 

東京ランジェリーセミナー受付終了のお知らせ

日本橋公会堂


先日ご案内しました、東京でのランジェリーセミナーの申込み受付は11日で終了させて頂きました。お申込み、お問い合わせいただいた皆様、本当にありがとうございました。

また新しいランジェリー・クリエイターが生まれて行きそうです。

ブラジャーの基礎8 

「サイズ」について 3

またまたサイズの話です。なかなか本題に入らないといらいらしている方もおられるかも知れませんがここをきちんと押えておかないとパターンが無駄になってしまいます。

人体計測


 ブラジャーのサイズ表示は前回でも書いたように「アンダーバスト」と「トップバスト(バスト)」との2箇所の寸法で決めます。そのうちのアンダーバストの寸法は比較的測り易いけどトップバストのほうは簡単に測定できないと言うことを書きました。

 でも皆さんの中では「トップバスト(バスト)が簡単に測れないってどういう意味!いつも簡単に測っているよ」とおっしゃる方が大勢おられるのではないでしょうか。

 そういう方にお聞きしたいのですが、その場合どういう状態で測っていますか?


 現在使われているJISサイズを設定して行く過程では、どういう表示の仕方をしたらなるべく多くの日本の人の体型をカバーできるかを考慮したはずですが、その基礎資料となるのは「人体寸法測定」データです。
 このブログはブラジャー衣料が主題ですからブラジャーのことばかりを記述していますが、世の中にはブラジャーだけでなくシャツ、ジャケット、パンツといった衣料もありますし、衣料以外に人体の寸法に合わせなければならない、例えば「メガネ」商品などもあります。従って人体の寸法を測るといっても頭の先から足の先まで非常に数多くの部位を測定する必要があります。

 そして日本人全員を測定するわけには行きませんので、ランダムに抽出した人たちを男女別、年齢別などに区分して、例えば身長、体重、座高などなどたくさんの項目について測って行きます。これらは科学的データとして測られなければなりませんから、その測定上の一つの重要な条件として「誰が測っても測定位置が明確で誤差が無い事」が求められます。ところがこの条件を割と簡単に満たす事の出来る測定部位と、簡単には満たせない測定部位とがあります。


 そしてその簡単に測れない一例が、女性のトップバスト(乳頭位胸囲)部位というわけです。どのように難しいのかはまた次回にいたしましょう。


  
  サイズについては
 La CeRES のランジェリーセミナーで詳述しています

ブラジャーの基礎7

ブラジャーのサイズについては不思議に思うことがたくさんあります。今回もその一つとして ・・
     ボディ


 最初にブラジャーサイズの呼び方(例えばB70とかC70とか)について復習してみましょう。
 すでに良くお分かりになっているかもしれませんが、C70の例でしたら「アンダーバストが67.5cm~72.5cm、トップバスト(バスト)とこのアンダーバストとの差が15.0cm(実際には15.0cm前後)の人に適合するブラジャー」ということになります。

 もう少し詳しく見ると、JIS表示サイズによるブラジャーサイズ呼び名は2つのパーツから構成されていて、前半のBとかCとかの英文字部分は「対象とするバストの大きさ」を表し、後半の数字部分は「体幹部の周り寸法」を表しているのがお分かりただけるでしょう。

 ところですでにブラジャーのパターンを自分で引いておられる方々も大勢おられ、その方なら良くご存じだと思いますが、
 例えば元となるC70サイズのパターンがあった場合に、これをC75サイズに変えたいという時には、当然のことながら体周りの寸法(アンダーバスト)の長さは変えて行きますが、それと一緒にカップ自体も大きくしています。
 ということはカップ自体がC70とC75とでは違い、C75の方が大きいということです。ということはバストの大きさを表すと言った「C」という記号はブラジャーのカップ、すなわち対象となるバストの絶対的な大きさを表すものではないということになります。

 別の例で説明すれば、同じCカップサイズの人でもアンダーが70の人より80の人の方がバスト自体は大きいということが言えるのです。


 つまり人体のバストの大きさ(これはしばしば「容量」という表現もします)は直接に表現できる方法がなく、間接的相対的に表現するしかない、とても「不確定な」存在であるということになると思います。

 そのような不確定なものを何とか確定的なものとして取扱い、パターンの理屈を確立して行かざるを得ないのはとても難しいことと言えると思います。

  
  サイズについてもっと知りたい方は
 La CeRES のセミナーへ

11月度東京ランジェリーセミナー開催のお知らせ

11月度の東京ランジェリーセミナーを下記内容で実施いたします。
ブラジャー創りにご興味ご関心のある方には必ずお役に立つことと思います。

ブラジャーのパターンと商品化セミナー


開催日時と題目:2013年11月19日 火曜日 10時~11時50分 
    「ランジェリーの商品化はこうすれば出来る!」

      オリジナルランジェリーを創って売りたいという人が、
      特に東京地区では増えて来ています。
      ところが実際に実現化している人は非常に少ない訳をご存知ですか?
      このセミナーではそうした「ランジェリー創りの難しさと注意点」を
      平易に解説し、あなたの夢の実現化に多いに役立ちます。
  
 

         2013年11月20日 水曜日 10時~11時50分
    「ブラジャー創りの基礎の基礎」 -ブラジャーパターン概説-

      ブラジャーのパターンを教えて欲しいという人は大勢来られますが、
      鉛筆を持つ前に知っておかなければならないことが山ほどあります。
      それを知らずに線だけ引いても決して良いパターンは出来ません。
      その主要事項をお話しします。


開催場所:東京都中央区日本橋公会堂
       東京都中央区日本橋蠣殻町1-31-1
    http://www.nihonbasikokaido.com/meetingplace 


講師: 石井 正人  オリジナルランジェリー・クリエイション・メゾン
                La CeRES 代表

セミナー参加料金: 1名・セミナー1回 ¥3000円   

  <ご注意!> 参加料金は事前振込みをして頂くことになります。
         申込者の都合で参加できなくなった場合も返金は出来ません。


参加応募締切日:11月11日 月曜日   申込みがなかった場合、開催は中止となります。

    このセミナーは1回ごとの完結の内容で行います。
    そのため、講義のみのセミナーで、実習などはございません。
    期日までにご参加申込みが無かった場合、開催は中止いたします。



   お申込み、お問い合わせは La CeRES へ どうぞ。


ブラジャーの基礎6

 「サイズ」 について 1

11月に入りました。そしてもう今年も先が見えてきました。それでも花を咲かしてから年を越したいものです。


          人体計測とサイズ



 次に前回の「人体」の話の延長として「サイズ」の話をしてみたいと思います。

 店頭で売られているブラジャーのサイズ表示は「B70」、「C70」などという呼び方の表示がされていることは男性でも知っていることでしょう。ところがパターンを作って行こうとこのサイズの内容を詳しく眺めてみるととてもあいまいで難解であることが分かってきます。

 「B70」とか「C70」とかいう「呼び名」はJIS表示サイズと言われるもので、工業規格製品にはこうした表示を使うことが指定されています。逆に言えば、オーダーメイドの製品とか自分で着るために作ったとか友達用に作ったとかいう場合には、こんなサイズ名に縛られる必要はありません。


 その難解さについて説明するため、ここでは分かりやすいようにJISサイズを採用した時の場合で考えて行きましょう。例として「B70」サイズのブラジャーパターンを作るという場合です。
 この場合でB70サイズと言われて分かった事と言えば
「アンダーバスト長が70cm前後、トップバスト長とアンダーバスト長との寸法差が12.5cm程度」ということになります。

 でも一体、これだけで何がわかるでしょうか?これだけではパターン作業に入ることはできません。

 視点を変えてこの「アンダーバスト」と「トップバスト」ですが、この寸法ってどうやって測ったんでしょうか?「アンダーバスト長は乳房下位置胸囲(下部胸囲)」、「トップバスト長は乳頭位胸囲」のことですからそれぞれそう測ったのではということでしょうが、アンダーバストはともかく、トップバストは簡単に測定することは難しいのです。

 ということはB70サイズと言ってもこのサイズ自体で、それほど厳密に人体の形状を明確化することはできないのです。


 サイズについてもっと知りたい方は
 La CeRES のセミナーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。