FC2ブログ

レースの裁断

昔から下着にレースはつき物です。ただレース素材は色々と特殊な性格がありますから、使用にあたっては細心の注意が必要です。 

              ブラジャーのレース裁断



下着の中でも特にブラジャーは面積が小さいため、レースの使い方による商品としての見栄えの差が大きくなります。ブラジャーの数多いパーツの中でもレース柄が大きく活躍するのは上カップというカップ部の上端部に位置するパーツへの使い方による差です。

具体的にどう使えば良いかは一概に言えません。
レースの柄行きや単価、型紙の大きさ、サイズ展開、商品の価格帯、そしてデザインとしての柄の見せ方に対する考え方等等に左右されるため、1品番1品番ごとにその扱い方には差があり、決まった方法など無いと言えます。

しかしながら一方で自分の思い通りのデザイン性を演出できる大きなステージもこのレースの使い方です。そしてその演出はこの「レース裁断」工程で決まってしまいます。
ブラジャー創りの一つの大きな山と言えるでしょう。



                             ラ・セレス
スポンサーサイト

ブラジャー素材の裁断

きちんと生地の地の目が揃えられたならば、裁断作業に入ります。
             裁断


ブラジャー素材の裁断はかなり気を使います。

その理由は、パターンメーキングの段階でそうであったように精度が要求されること。
パーツが小さく、カーブもきつい箇所が多いこと。
生地は薄いものが多いのですが、滑りがよく、張りのあるものが多いため「逃げ」やすいこと。
などの理由によるものです。

ブラジャー素材の裁断方法は私が聞いた限りでも何種類かの方法があるようです。
それらの方法は会社により、人によって違うように感じておりますが、私の方法は
自分では「最上ではないがベストな方法」だと思っています。


もちろんそう信じていなければ進んで行けませんよね。

裁断とモアレ

落ち込みを挽回するためにブラジャーの制作を引き続き進めて行きましょう!

          モアレ


「モアレ」をご存知ですよね?
光が干渉して元の柄とかに関係の無い線や柄が見えてくる現象です。
この現象を利用して「モアレ柄」というプリント柄も定番柄として昔からあります。

この「モアレ」現象を裁断のときに活用するとうまくカッティングが出来ると言う
お話です。
全ての生地について同様のことが出来るわけではありませんが、
タテまたはヨコ筋がはっきりした透明感のある生地でしたら
モアレを利用して生地目を揃えるということが出来ます。

写真は濃ピンク色のパワーネット生地のタテ目を揃えようとしている所。
生地表面に薄っすらとヨコ段が見えますね。
これが「モアレ現象」です。
このヨコ段が細かいときには上下の生地目が揃っていません。
出来るだけ粗く、見えなくなるような時が生地目が揃った時です。


薄手の生地を使うことの多いランジェリーではこの方法は
知っていて損は無いですよ。


La CeRES

6月の東京ランジェリーセミナー

6月の東京ランジェリーセミナーが終了しました。

               東京駅



6月初旬に東京新宿で開催しましたランジェリーセミナーは終了しました。
ご参加、ご協力いただきました方々に深く感謝申し上げます。


今回で残念だったことは、出席のキャンセルがとても多かった事。
やっぱりそんなに内容に魅力が無かったのかなぁ・・・
そして私の性格上、うまく行きだすと突っ走ってしまうので開催間隔が
短か過ぎたことも原因であるような。

いずれにしても反省しています。
次回はこの反省に立ってまた内容と開催方法に工夫を凝らして参りたいと
考えていますので、これからも応援よろしくお願いいたします。


次回のランジェリーセミナー開催予定は今の所、未定です。
                      La CeRES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。