ボンディングとは?

そのほかに「ボンディング」という聞きなれない作業がブラジャー制作においては入ることもあります。

ボンディング


 「ボンディング」とは文字通り「糊付け」の事。
2種類の生地同士を糊付けして1枚の生地のようにして作業を進めることです。

 なぜそんなことをするかと言えば、理由は色々な場合があるのですが
例えば 生地がほつれやすくてミシンで縫おうとすると生地端がどんどんほつれてしまう。
      生地の打ち込みが甘く(密度が粗い)、縫おうとすると形が定まらない
      2枚の生地を縫うより1枚のほうが位置決めもしやすく、きれいに早く縫いあがる

   などなどです。

 今回の作品はシルクのローンでとても柔らかくデリケートなため、裏側に綿ローンを糊付けして安定度を高めました。
 これで安心して裁断-縫製作業に進んで行けます。
                         La CeRES

スポンサーサイト

地のし

前回までのブログで、染色はうまく行きましたが、生地類を裁断して行く前に大切なことがあります。

                  地のし



 どんな服創りでも、少しでも関わった人ならば「地のし」とか「地直し」をされた経験があると思います。生地はそのままでは組織が偏ってしまっているので、それを事前に修正するための作業でとても重要な工程です。

 地のしをしないで進んでしまうと出来上がった服を着ているうちにしだいに変形が始まり、さらに洗濯などをしたらもっと変形が進んでしまい、はなはだしい場合には服がよじれてしまうようなことが起こってしまいます。


 下着創りの「地のし」もそのような後からの変形を防ぐために行われるのですが、アウターウエアとは少し意味と方法とが違っています。
 下着類は一般に伸縮が効くようにつくりますから使用生地は編物(ニット)が普通です。ニットはループによって形成される組織ですから織物のように糸を1本抜いてなどと言うことは出来ません。
 また、丸編機による丸編み生地が多く使われますが丸編み生地はらせん状にループが形成されますから耳に対して網目が直角と言うこともありません。

 さらに、特にブラジャーなどのファンデーション衣料はパワーの強いポリウレタン糸が内蔵されていますから
もっと厄介です。

 詳しい説明は省略しますが、そういうわけで例えば写真のような方法で地のしを行います。これはテープの例ですが生地などになると別の方法で地のしをします。


 下着類はアウターウエアに比べて面積が小さいし、洗濯等取り扱いも厳しいし、ポリウレタン糸なども使われているのでこの工程はサンプル作りの段階と言っても絶対しなくてはならないとっても大切な工程です。


                                      La CeRES

6月の東京ランジェリーセミナー

6月に開催する東京でのランジェリーセミナーの日程が決まりました。





東京での次回のランジェリーセミナーは

 6月1日(土) と2日(日) の2日間、
    各日3コマずつに分けて計6コマで開催します。
 場所は、新宿駅近くの ミシンプロ様 レンタルスペースをお借りします。
 時間はセミナーの内容によって違いますが、
    各日、11時~18時の間を2時間ずつに区切ります。
 主なセミナー内容は、ショーツのパターンメーキング2、ショーツ作品の作成実習2、
    ブラジャーのパターンメーキング基礎2 などです。

 お申込は、いつも受付開始後すぐに満員になってしまうので公平を期すために
  5月22日水曜日の午前10時から開始いたします。

セミナーの内容やお問い合わせは  info@laceres.com  石井宛にどうぞ。
ご参加をお待ちしております。

                                     La CeRES

染め上がり3

 ここまで順調にやって来た素材染色ですが、世の中にはいつも問題児がいるようにここでも問題児が最後に残ってしまいました。「アジャスター」です。


 「アジャスター」とはブラの肩紐長さを調整するための金具のことです。金具と言うからには金属で出来ていますので染色は出来るのか?

 ところが最近のアジャスターは金属の上にナイロンコーティングと言ってナイロン樹脂で覆っているため比較的容易に染色できるようになっているんです。

 それでも普通のナイロン生地のようには簡単には行きません。常温の染液に浸けておいてもまったく変化が無く、元の色のままです。
 そこで仕方なくコンロの登場。染液を加熱して染まりやすくするのです。



加熱染色


 ところがこれからが問題児たるところ。
 染まり始めるとあっという間に色が付いてしまいます。これに気をつけないと!

 そんなバタバタでしたがやっときれいに染まりました。
 これで全ての材料が揃いましたから今度はやっとソーイング作業に入れます。

アジャスターの染め上がり

東京ランジェリーセミナー

東京での5月のランジェリーセミナーを11日、12日の2日間で開催しました。


新しいテーマでスタートした東京セミナーでの今回のメインテーマは「ショーツ」。

当たり前すぎて余り目を向けられなかったアイテムですが、とっても大変な仕事を常にしています。
今回の内容で、ご参加いただいた方には少しくらいは「ショーツの苦労」を感じ取って頂けたのではないでしょうか。

ご参加いただいた皆様に深く感謝申し上げますと同時に、これからも引き続きランジェリーセミナーにお力添えを頂きますようよろしくお願いいたします。



ちなみに写真は人間が歩行しているところの側面図ですが、このときショーツさんはどんな状況にいるか分かりますか?


                  
歩行とショーツ

染め上がり2

             フックの染め

 これはブラジャーの背部に付く「フック」です。

 これもブラジャーには必需品ですが、全体がポリエステルであったり、表側と裏側とで表面感がまったく違っていたりで染めには結構気を使います。
 一般的にポリエステル物はなかなか染まらないので通常は加熱したり、媒染剤を使ったりしますが今回は色合せを慎重にしたいので常温でじっくり時間をかけて染めました。

 その結果、良い色に染め上がりました。

 

次は問題の多い「アジャスター金具」です。

染め上がり

染め上がり素材

 きれいに染め上がりました!

 ブラジャーは構成する素材の種類が多く、それに従って原糸の種類も多いので色合せは難しくなります。一種類の染液を作って、全部の素材をその中に浸ければよいというものではなく、一つ一つ分けて染め上げていかなければなりません。

 特に下着の場合は「色合わせ」にうるさいので、表からは見えない裏側も色が合っていることが原則です。

 こんなややこしくて面倒な染色ですが、やり始めると結構はまってしまうのが不思議です。

染色中

前回、十分に水洗した素材をいよいよ染め始めます。

                 染色



 前回の水洗はただ水につけているだけのように見えますが、結構コツが要ります。その影響の一つとなるのは「空気」。
 これが意外と曲者です。

 いよいよ染色に入ったのですがこの工程でも「空気」が邪魔をします。
 今回のカラーは「ブルーグリーン」です。目標とする色見本に近づける方法は言葉で表現できませんが、やっぱり経験がものを言います。

 染めは色付きを良くするために、加熱したり、媒染剤を使ったりすることが一般には普通ですが、ランジェリーの場合は比較的淡い色が多いのとたくさんの素材の色合せをしながら進めなければならないので、染色が進みにくいようにしながら進めることが多いようです。
 そのため私も通常は染め水を加熱せずに常温のまま進めています。

染色開始

今年のG.W.は天候にも恵まれて良い連休になったのではないかと思います。

            染色中


 そんな連休の中、いよいよ次のブラジャー創りがLa CeRESではスタートしています。まだファーストサンプルの段階なので、すぐに良い作品が出来るかどうかは分かりませんがスタートしないことには何事も始まりません。

 一応、頭の中では完成後のデザインイメージが出来上がってはいるものの、果たしてそれ通りのものが出来るかいつもと同じ期待と不安のスタートです。


 まずは、素材の準備から始めました。特に重要なのは「カラー」です。各社の企画についても最近は白(オフホワイト)で作成するようなことはなくなってきました。資材調達の面から言えばオフホワイトカラーが一番楽で早いのですが、見栄えから言うともう一つになってしまいます。
 店頭の商品でもそうですがやっぱり一番、人に訴える力があるのは「カラー」です。昔から言うように「第一印象を大切に」しなければなりません。


 写真はそのために集めてきた素材をまず水洗しているところです。その後から染めにかかるのですが、やはり下ごしらえが一番大事。この工程で手を抜くといくらきれいな色が演出できてもムラや濃度が出ないなどで後から泣かされる事になります。

 十分に洗いをかけた素材がどうなるかは次のブログをお楽しみに!


オリジナル・ランジェリー・クリエイション・メゾン La CeRES の情報は こちら からご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。