FC2ブログ

ブラジャーの素材について11・・・ストレッチテープ3

少し間が空いてしまいましたが、ストレッチテープの話の続きを。




現在ブラジャーにおいて使われているストレッチテープ類を使用区分から分けると
①上下辺始末用のもの と②肩紐用のものとに2分されます。

 最初に①の上下辺用のストレッチテープについて解説して行きます。この種類のストレッチテープは伸縮性が一番のポイントで、引くと良く伸び、手を放すときちんと元の形に戻るものが理想的です。これは簡単そうですが実際はかなり難しい事です。良く伸び良く戻るポリウレタン糸を内蔵しているとはいえ、ポリウレタン糸を支える構造体となる糸はナイロンやポリエステル、綿といったほとんど伸びない糸ですから、戻る力は自ずと制限されてしまいます。

 更に一旦、伸びの限界近くまで引っ張られたテープの内部では、上に書いたように良く伸びるポリウレタン糸とほとんど伸びないナイロン糸などとの間に編組織の中でズレを生じて、最初にあった位置から移動してしまいます。そのため元に戻しても元の長さには戻らない事が多々あります。
もっと問題なのはゆがみや波打ちといったズレの不均一によるテープの変形です。まっすぐだったテープが何回か伸縮を繰り返すと右あるいは左に曲がってしまったり、表面が波打ってしまったりしてしまうことがあります。

 これらの現象は先に書いたストレッチテープの構造から言えばある程度仕方の無いことなのですが、それでも構造がしっかりしていない、安さを狙った密度の甘い粗悪品ほど大きくこの欠点が現れてしまうということは間違いありません。



<上下辺用のストレッチテープの一例>

上下辺用テープ





では次週は肩紐用のストレッチテープについてお話します
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。