ブラジャーの素材について 6 ・・・エンブロイダリーレース

チュールレース


「エンブレース」って?




 「エンブレース」 とは刺繍レースのことです。レースの土台となる基布に、刺繍針を用いて刺繍糸を縫い付ける事により柄を描き出すという原理です。正式にはエンブロイダリーレースと言われ、略して「エンブ」とか呼ばれることもあります。

 上記のように基布に糸を縫い付けるので、まずその基布の種類によって仕上がりが違ってきます。

 ブラジャーなど下着商品で多く使われる基布に「チュールネット」と呼ばれる生地があります。これは花嫁さんのブライダルベールの生地を思い浮かべていただければ、あのネット状で薄く、透けた生地を想像していただけると思います。この薄いネット生地では刺繍しにくいし、刺繍糸で縫い上げてもネット目が寄ってしまってきれいに仕上がりません。そのために刺繍の時には水溶性のシートをチュールネットに張り合わせてしっかりとした生地にしておき、刺繍をしてから水洗いで溶かし去るという手間のかかる方法をとっています。こうしてチュールネットを基布として刺繍加工をして作り上げたエンブロイダリーレースは「チュールレース」と呼ばれたりします。
 チュールレースというものもエンブレースの一種ということです。

 話が出たついでに基布によるエンブレースの種類を挙げれば、
綿のローン生地などに刺繍した昔からある「綿レース」、光沢のあるサテン織りの生地に刺繍した「サテンレース」、その他、メリヤス生地やトリコット生地なども基布として使われています。さらにはアップリケ類もエンブレースの一種と言えますし、少し変わったところでは刺繍をした後に刺繍した糸だけ残して基布だけを全て溶かしてしまうケミカルレースという種類のものもあります。
 

 さて、これまでは基布の話でしたが、次に刺繍する糸のほうの話です。ブラジャーは比較的面積の小さいものですので、なるべく店頭でお客さんの目にアピールするために色が鮮やかに出て、なおかつ光沢があるレーヨン糸が使われることが多くなっています。

糸の種類が限定されているため、多彩ながら表現をするためには

1) 糸の太さ
2) 糸の色
3) 刺繍機の工夫

などによってさまざまな技法を凝らしているというのが現在のエンブレースの動きになって
います。
参考に掲載したエンブレースの写真をご覧下さい。このようなきれいな色柄が表現できるのです。



エンブロイダリーレースの話がかなり長引いたので今回はこれまで。 続きは次回とさせていただきます。
スポンサーサイト

ブラジャーの素材について  5 ・・・ レース

「レース」ほど華やかで心を魅かれる素材はありません。このようなものがこの世に存在することさえ不思議と思われるほどです。このような素材ですから、すばらしいレースはこの上なくと感じるほどすばらしく目に映りますが、見せ掛けだけのまがいものはかえってひどくみすぼらしいものに感じられてしまいます。



 「下着にレース」この組み合わせの歴史は古く、そのため、レース素材を見ると下着を連想するという回路が人間の、特に男性の脳には組み込まれてしまっているように感じているのは私だけでしょうか。

 当初のレースは当然のことながら手工芸品で、複数の糸を縒りあわせて行くという作業によって長い時間をかけて作られていたはずです。そういう貴重で稀有なものですから必然的に一般庶民の手には届かず、皇帝、貴族たちの衣服を飾ることだったでしょう。

 その後産業革命に至って後、レースも機械で生産する時代を迎えました。ところが製造面では過去とまったく異なった革新的な製造法に変化したのにもかかわらず、意匠面でその目指すところは、現在のポリエステルなどの合繊生地が究極の目標として古くからある絹を目指したように、一時代前の手縒りレースだったのです。

 現在でもその考え方はそれほど変わっておらず、ブラジャーなどで見られるレースの柄はどちらかというと古典的なクラシカルな花柄をモチーフとしたものがほとんどで、製造技術は進歩してもソフト面ではより過去へ戻るような動きが見られるように思われます。
 今日、店頭でよく見かけるブラジャー用のレースの種類としては、

1.エンブレース(エンブロイダリーレース)
2.ラッセルレース

の2種類がほとんどと思われます。その他にもリバーレース、トーションレースなどがありますが、比率としてはかなり少ないです。



それではよく使われている、エンブレースとラッセルレースとについて次回から概説して行きましょう。

ブラジャーの素材について4・・・パワーネット2

さて、パワーネット素材の説明の続きです。



前回説明したように、ポリウレタン糸を編み込んだパワーネットという生地も編み方によって、さまざまな種類があります。

 代表的なものとしては、もっともベーシックな編み方で生地面があみだクジのように見える「プレーン組織」と言うものや、表面がつるっとしていて光沢のある「サテン調組織」と呼ばれるものなどがあります。また、生地表面に柄が浮き出るように編み方を工夫した「柄パワーネット」などというものもあります。

 それから、パワーネットを編み上げる糸の種類として、ポリウレタン糸にナイロン糸かポリエステル糸かを組み合わせていると言いましたが、これ以外に綿の糸、麻の糸なども一緒に組み合わせて編んだパワーネットもあります。

 最近のパワーネットはさらに高度になって、2種類のポリウレタン糸を縦方向と横方向とに組み入れたり、生地端がきれいに始末されたものなどが出てきています。
これらの編み方の違いや、混ぜる糸の違いなどにより出来上がったパワーネット生地の性質はかなり変化します。つまり、生地の伸び方や戻り方の具合が違ってくるというわけです。ですからこれらの生地の内容をよく理解してからブラジャーなり、ファンデーション製品のデザインをして行かなければ、きつ過ぎたり、逆にゆるくてきちっとホールドしない製品になってしまいます。

結論としては、これがブラジャーにおいてパワーネットが一番基本的な素材であるという理由です。そして、新しい編み方の工夫や新しい糸の組み合わせ方などにより次々と新しいパワーネットが産み出されていますが、

ブラジャーの設計の基本はひとつ、伸び方と縮み方とを正確に把握することです。




次回はまた別の素材について説明します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。